PRBS パターンジェネレータAPG-3Gのご紹介

English

PRBS/パターンジェネレータ APG-3G

APG-3G

APG-3G

価格

価格表ご請求下さい

ダウンロード

マニュアルダウンロード

カタログダウンロード

注文方法

お問い合わせ

最大3.0Gbpsの2チャンネルのPRBS及び任意ビット列を出力。

出力ビット列の設定はシリアルポートから行います。ビット列はフラッシュに記憶させることができ、次回電源投入後すぐにビット列の出力を開始します。

特長

・差動PECL-2チャンネル出力
・各チャンネル独立のパタンを設定可能
・最大ビット長:256KBIT

用途

・通信回線の評価
・スペクトラム拡散
・伝搬時間測定
・距離測定器
・フラクショナル分周器

主な仕様

入力クロック SMBコネクタ 50Ωシングルエンド AC結合
正弦波 30MHz – 3000MHz  -3dBm ~ 3dBm
矩形波  2KHz  - 3000MHz  -3dBm ~ 3dBm
      立ち下がり・立ち上がり時間は 4nS以内
      デューティ比50±10%
トリガ入力

SMBコネクタ 3.3V CMOS 内部で 10kΩにプルアップされています
トリガ入力に対してパタン出力開始まで±5nSのジッターがあります

パタン出力 SMBコネクタ 差動PECL 2チャンネル
各チャンネル独立のパタンを設定できます
チャンネル間のスキューは20ps以内
クロック出力 SMBコネクタ 差動PECL
パタンとのスキューは100pS以内
出力ビット長 (1) 外部トリガモード   1chあたり32bit~256kbitの32の倍数の任意ビット長
(2) 連続モード    1chあたり32bit~256kbitの偶数の任意ビット長
ビット列出力モード 外部トリガモード・連続モード
周波数カウンタ 内部基準クロックで周波数カウントを行う 測定精度は ±50ppm
測定範囲は0.1MHz – 3040.0MHz
ボード上LED (1) FPGA正常動作表示
(2) パタン出力中(アラーム出力も兼ねる)
(3) 入力RFクロックの周波数判定
制御 調歩同期シリアル通信 9600bps, 8ビット, 1ストップビット, ノンパリティ
信号レベルは3.3V CMOS
動作温度範囲  0 ~ 60 ℃
保存温度範囲  -30 ~ +70 ℃
外形寸法  100mm x 80mm
電源電圧  3.3V 単電源±0.2V 最大1200mA

3Gbps出力波形

apg3g-g

関連製品

PCK3GF-1

クロックソースとして、プログラマブルオシレータPCK3GF-1が使用できます

LVC-232C ⇒ lvc232c

RS232Cのレベルコンバータを使用すれば、PCのシリアルポートから制御が可能になります