デジタル位相検波器

English

DPHD-03F【RoHS】

DPHD-03F

DPHD-03F

価格

価格表ご請求ください。

ダウンロード

マニュアルダウンロード

カタログダウンロード

注文方法

お問い合わせ

デジタル位相検波器は、高精度の位相と振幅が測定できるのでレーザー錯乱光を使った距離測定、高精度な位相、振幅測定、同期検波回路、ロックインアンプなどの広範囲の用途に応用ができます。測定モードとしては、2CHの入力間の位相差、振幅を測定する2CH位相測定モードと装置から出力される信号の位相、振幅を測定するロックインアンプモードがあります。10Hzの狭受信帯域でノイズを除去する測定から200KHz帯域で高速な信号の変化を測定できるので、低速から高速のサンプルレートでの測定が可能で、多様な信号の解析が可能です。μmオーダーの距離測定にも繋がる18GHzの信号の位相・振幅が必要の際は、ご希望によりオプションとしてアップ・ダウンコンバータを弊社におきまして製作する事が可能です。

用途

  • μmオーダー距離測定
  • 組み込みロックインアンプ
  • 同期検波
  • インピーダンス測定
  • 非接触測定
  • センサー信号処理
  • 赤外線暗視レーダー
  • トラッキングBPF

特長

  • 10KHz~20MHzまでの信号周波数
  • 外部アップ、ダウンコンバータで最大18GHz
  • 受信帯域幅は10Hz~200KHzと広い
  • 2CH間位相差測定モードで位相ドリフトをキャンセル
  • 多様なインターフェースを用意 SCI,SPI,USB,パラレル
  • 単一5V電源
  • 複数ボードの同期運転可能
  • 位相検波感度 <10m度rms

仕様

入力周波数範囲 10KHz~20MHz(最大18GHz(オプション外部コンバータ使用時)
周波数設定分解能 1Hz
ベースバンドLPF 10Hz~200KHz
D/A出力 電流出力又は電圧出力(オプション)
サンプリング速度 100SPS~500KSPS
振幅出力ビット数 16ビット
位相データビット数 16ビット(360度/2^16)分解能
制御インターフェース (1)SCI(標準実装)
(2)SPI(標準実装)
(3)USB2.0(オプション)
(4)パラレルデータ(オプション)
電源 +5V 1A以下
外形寸法 115X70X20mm(WDH)

応用例

DPHD-03裏面forCS3

OPTION 01 USB I/F

option_board_USB

 

概要

このオプションボードを使うことでPCからUSBインターフェーで通信を行えます。

ボード内にSPI-USB変換器が実装されておりDPHD-03とはSPIを介して通信が可能になります。最大50Ksps程度のサンプリングまでデータの取得が可能になります。またDPHD-03FのD/Aは電流出力ですが電圧出力にするためのバッファーを2CH分ありますので電圧駆動の用途にお使い頂けます。

 

機能

1.USBインターフェース

DPHD03本体からのSPIFT4222HによりUSBに変換します。

 (DPHD03側がマスタとなります。)

WindowsLinuxAndroid のライブラリ及びサンプルがFTDI社から提供

             参考URL http://www.ftdichip.com/Products/ICs/FT4222H.html

・サンプリングレート 50kspsまで対応

・コネクタ MiniUSB

・簡単なWindows用サンプルプログラムを提供

 

2. DAコンバータ用バッファ

 DPHD03本体のDAコンバータ電流出力を電圧に変換するバッファーを2CH分有します。

・入出力コネクター   SMA

・出力インピーダンス     50Ω

・出力電圧       1Vp-p50Ω終端時)