固定信号発生モジュール EPLO-(10MHZ~4400MHZ)Fのご紹介

English

固定信号発生モジュール EPLO-(10MHz~4400MHz)F 【RoHS】

EPLO

EPLO

価格

価格表ご請求下さい

ダウンロード

マニュアルダウンロード

カタログダウンロード

注文方法

お問い合わせ

EPLOは、PLLシンセサイザーにより固定周波数のサイン波を出力する信号発生モジュールです。
出力オプションによりLVDS/CMOS/サイン波90度位相差2出力の対応が可能です。
10MHz~4400MHzの周波数範囲まで信号を発生させることが可能です。
出力レベルは標準で+10dBmですが出力レベルオプションで-10~+10dBm、 高出力レベルオプションで+10~+20dBmとあらゆるモジュール/機器の入力レベルに合わせられます。
小型モジュールタイプで、電源は+5V単一電源ですので使い勝手が大変良くなっており電源を入れるだけで使用できます。
基準信号は内蔵TCXOのほか外部から入力することも出来ますので高精度化を実現できます。
周波数の設定等は一切ありません。

主な仕様

出力波形 正弦波(標準)
出力インピーダンス 50Ω
出力周波数範囲 10M~4400MHz
出力レベル +10dBm±2dB(標準)
スプリアスレベル -60dBc
高調波スプリアス -30dBc
内部クロック周波数精度 ±2.5ppm(10MHz)
動作温度範囲 0~+50℃
消費電流 +5V±5%, 50mA~180mA(標準品)
300mA以下(高出力オプション時)
外形寸法 W50XD75XH13mm

オプション

(一部周波数による制限がある場合があります。詳しくは、ユーザーズ・マニュアルをご参照下さい。) 
※後付けでのご注文は承れませんので、製品発注時にお申し付けください。

外部クロック入力 10M~100MHz
※外部入力をお選びいただきますと、外部のみとなります。内部クロックで発振させることはできません
無料
外部クロック入力インピーダンス ハイ・インピーダンス(標準)/ご指定により50Ωへ変更可能 無料
出力オプション 5V TTL、3.3V TTL、LVDS いずれかをご指定下さい 価格表ご参照下さい
出力レベルオプション -10dBm~>+10dBm 価格表ご参照下さい
高出力レベルオプション <+10dBm~+20dBm 価格表ご参照下さい
90度2出力 価格表ご参照下さい

 

 

位相雑音(代表値) 測定条件:正弦波出力(標準仕様/内部TCXO)

eplo-g