プログラマブル オシレータ PCK3GF‐1のご紹介

English

プログラマブル オシレータ PCK3GF-1 【RoHS】

PCK3GF-1

PCK3GF-1

価格

価格表ご請求下さい

ダウンロード

マニュアルダウンロード

カタログダウンロード

注文方法

お問い合わせ

PCK3GF-1は1KHzの分解能で50MHz~3000MHzの任意の周波数を出力できる信号発生モジュールです。DUAL PLLと独自の制御方法で-65dBcの低スプリアス化、200KHzのループ帯域により低位相雑音化および耐振動特性の改善が実現しました。

25.4x20.3mmの小型サイズの表面実装モジュールで単一5V電源で動作します。
周波数制御はSCI或いはSPIのどちらでも制御が可能です。

特長

・超小型
・表面実装品
・低位相雑音
・プログラマブル 1KHz STEP
・広帯域 50MHz~3000MHz

 

主な仕様

Frequency Range 50MHz~3000MHz
Frequency Resolution 1KHz
Phase Noise (Typical)※ @3GHz
10Hz offset: -55dBc/Hz
100Hz offset: -85dBc/Hz
1KHz offset: -104dBc/Hz
10KHz offset: -105dBc/Hz
100KHz offset: -105dBc/Hz
1MHz offset: -132dBc/Hz
10MHz offset: -155dBc/Hz
Spurious -65dBc Max except harmonics
Output Level >+3dBm @50Ω
Ext Ref Requirement Level: +6dBm~+10dBm @1KΩ
SINE or SQUARE wave
Ext Ref Input Impedance 1kΩ // 5PF
Lock Time 40m sec Max
Controls (1)Asynchronous serial communication 9600bps,
 8 bits, one stop bits, non-parity
 (2)SPI serial communication 3 bytes data(32 bits)
Power Supply / Current +5V ±5% 500mA
Dimensions 20.3×25.4×7.6mm
Operating Temperature Range 0 ~ +60 °C
Storage Temperature Range -30 ~ 70 °C

※上記位相雑音は当社REF10M基準信号発生モジュールを使った場合での性能です。

位相雑音特性

pck3gf

関連製品

REF10MF

PCK3GF-1用の基準信号発生モジュールとして、REF10MFが発売になりました。
10MHzの信号で100MHzの低位相雑音VCXOにPLL同期させます。

PGN3GF-1

PCK3GF-1とREF10MFを実装したボードPGN3GF-1もご用意しております。

GPSG-3G

GPS同期の 10MHzの基準信号でPLL同期のとれた 50MHz~3000MHz までの信号を 1KHz STEPで生成することができます。