プログラマブルDDSオシレータ  PCL-130Fのご紹介

English

プログラマブル DDSオシレータ PCL-130F 【RoHS】

PCL-130F

PCL-130F

価格

28,080

ダウンロード

マニュアルダウンロード

注文方法

お問い合わせ

PCL-130Fは、48ビットDDS(ダイレクトデジタルシンセサイザー)により1MHz~130MHzの広帯域な信号を1Hzの分解能で出力させることができます。

特長

・広帯域 1MHz~130MHz,高分解能(1Hz)

・周波数の設定はDIP SW等によるパラレルデータによる設定又は
 パソコン等のRS-232Cシルアルポートからによる周波数の設定が可能
・設定した周波数は電源のON/OFFに関係なく永久に記憶可能
・120CHのメモリー機能がありパラレルデータで簡単に選択可能
・シングル電源 +3.3V動作
・スプリアスの少ない純度の高い信号
・小型モジュール

用途

・各種クロックソースとして
・NCO(Numerically Controlled Oscillator)として
・標準信号発生器として
・スイープオシレータとして

電気的仕様

電源電圧/電流 +3.3V+/-5%, 700mA
出力レベル 3.3V CMOSレベル
出力周波数範囲 1MHz-130,000,000Hz
出力波形DUTY 50%±20%
周波数分解能 1Hz
周波数精度 ±20ppm @25℃
周波数安定度 ±20ppm 0℃~50℃
ジッター ±250pS rms以下 10MHz~50MHz
±30pS rms以下 50MHz~130MHz (Cycle to Cycle)
スプリアス -40dBc以上(但し高調波成分は除く)
周波数記憶保証回数 1万回以上
周波数制御 パラレル入力 信号線(7ビット)メモリーCH選択線 6ビット 
ストローブ信号 1ビット
シリアル入力 信号線2本9600BPS、8ビット、パリティ無し 
1ストップビット
ASCII 9桁数字データ+改行コード
周波数切替時間 2mS以内(周波数データの設定完了後から信号が得られるまでの時間)
外形寸法 50x35x12mm

オプション

周波数設定ボード FIX-PCL130 ¥23,760(税込)

周波数設定ボード FIXシリーズはBCDスイッチで周波数の設定が簡単に行なうことができます。ボード上にあるSAVEスイッチで設定した周波数や設定値をモジュールに記憶させることができますので、モジュールを単体で使用する場合のパラメータ設定記憶治具としても使用できます。ソケットにモジュールを差し込むだけ。取り外しも簡単です。

 

【PDFダウンロード】FIX-PCL130