プログラマブル周波数コンバータ PCV-50Fのご紹介

English

プログラマブル周波数コンバータ PCV-50F 【RoHS】

PCV-50F

PCV-50F

価格

価格表ご請求下さい

ダウンロード

マニュアルダウンロード

カタログダウンロード

注文方法

お問い合わせ

PCV-50は製造中止となり、RoHS対応品としてPCV-50Fが発売されました。
以下PCV-50と記述している部分はPCV-50Fと置き換えてください。
なお、ピン配置・性能等は従来と変わりはございませんので、ユーザーズマニュアルについては引き続きPCV-50をご覧下さい。

特徴

PCV-50は48 BIT DDS(ダイレクトデジタルシンセサイザー)を用いて任意の周波数を0.001Hz分解能で0.001Hzから50MHzまでの信号を取り出せるプログラマブルなオシレータです。
外部基準周波数は7MHzから50MHzまで任意の周波数を入力できます。
出力周波数は外部基準信号の安定度に準拠した精度を有することができます。

 

・広帯域0.001Hz~50MHz,高分解能(0.001Hz)
・7MHz~50MHzの任意の外部入力クロックで動作が可能
・周波数の設定はDIP SW等によるパラレルデータによる設定又はパソコン等のRS-232Cシルアルポートからによる周波数の設定が可能
・設定した周波数は電源のON/OFFに関係なく永久に記憶可能
・48ビットDDS(DIRECT DIGITAL SYNTHESIZER)による信号発生により良好な位相雑音特性
・シングル電源 +5V動作
・小型モジュール

用途

・クロック周波数変換器として
・各種クロックソースとして
・NCO(Numerically Controlled Oscillator)として
・標準信号発生器として
・スイープオシレータとして

電気的仕様

電源電圧/電流 +5V+/-5%, 350mA
出力レベル TTLコンパチCMOSレベル
出力周波数範囲 0.001Hz-50,000,000Hz
デジタル出力波形DUTY 50%+/-10%
周波数分解能 0.001Hz
周波数誤差 外部基準周波数に対して、最大±0.35μHz
ジッター ±100pSrms以下
5MHz以上でCycle to Cycleジッターで
スプリアス -40dBc以上(但し高調波成分は除く)
周波数記憶保証回数 1万回以上(モジュールに周波数を記憶させた場合)
周波数制御 パラレル入力 信号線6本4ビットBCD入力、1ビット桁/データ切り替え 
1ビットストローブ信号
シリアル入力 信号線2本9600BPS、8ビット、パリティ無し 
1ストップビット
ASCII 8桁数字データ+改行コード
外部クロック入力レベル 7MHz~50MHz
2V~5Vp-pサイン及び矩形波
外部クロック入力インピーダンス 470Ω以上
周波数切替時間 2mS以内(周波数データの設定完了後から信号が得られるまでの時間)
外形寸法 61x46x13mm

オプション

周波数設定ボード FIX-PCV50

周波数設定ボード FIXシリーズはBCDスイッチで周波数の設定が簡単に行なうことができます。
ボード上にあるSAVEスイッチで設定した周波数や設定値をモジュールに記憶させることができます
ので、モジュールを単体で使用する場合のパラメータ設定記憶治具としても使用できます。
ソケットにモジュールを差し込むだけ。取り外しも簡単です。

【PDFダウンロード】FIX-PCV50