プログラマブル オシレータ PCK3GF-1 【RoHS】

プログラマブル オシレータ PCK3GF-1 【RoHS】
プログラマブル オシレータ PCK3GF-1 【RoHS】

信号発生器

プログラマブル信号発生器

製品概要

PCK3GF-1は、1kHzの分解能で50MHz~3000MHzの任意の周波数を出力できる信号発生モジュールです。DUAL PLLと独自の制御方法で-65dBcの低スプリアス化、200kHzのループ帯域により低位相雑音化および耐振動特性の改善が実現しました。
25.4×20.3mmの小型サイズの表面実装モジュールで、+5V単一電源で動作します。
周波数制御はSCI或いはSPIのどちらでも制御が可能です。

特長

  • 超小型
  • 表面実装品
  • 低位相雑音
  • プログラマブル 1kHzステップ
  • 広帯域 50MHz~3000MHz

仕様

※スクロールしてご覧いただけます

周波数範囲 50MHz~3000MHz
周波数分解能 1kHz
スプリアスレベル
(高調波除く)
-65dBc以下
出力レベル +3dBm以上
出力インピーダンス 50Ω
外部クロック周波数 50MHz または 100MHz
外部クロック入力条件 +6dBm~+10dBm @1kΩ
正弦波・方形波
外部クロック
入力インピーダンス
1kΩ // 5pF
制御インターフェース (1)調歩同期シリアル通信
  9600bps, 8ビット、1ストップビット、ノンパリティ
  3.3V CMOSレベル
(2)3線式SPI制御
  3.3V CMOS レベル
ロック時間 最大 40mS
電源電圧 +5V±5%
消費電流 500mA

環境条件

※スクロールしてご覧いただけます

動作温度範囲 0℃~+60℃
保管温度範囲 -30℃~+70℃

サイズ・重量

※スクロールしてご覧いただけます

20.3×25.4×7.6 mm

位相雑音

位相雑音

※スクロールしてご覧いただけます

位相雑音(Typical)@3GHz
オフセット周波数[Hz] 位相雑音[dBc/Hz]
10 -55
100 -85
1k -104
10k -105
100k -105
1M -132
10M -155

※上記位相雑音は、当社REF10M基準信号発生モジュールを使った場合での性能です。

参考資料

Block diagram

製品価格
¥40,150(税込)
納期
約1週間

関連製品

製品検索

品番から探す

周波数から探す

特長から探す